英会話の勉強を持続するヒント

どんなに話せるようになりたくても勉強を途中でやめてしまうのはよくあること。それは、英語は今日勉強しても、明日話せるようになるわけではないから。

でも、持続しなければ英語は話せるようにならないので、ある程度継続させて、話せるようになるかな?ではなく話せるようになるために勉強しなければなりません。
ではどうしたら長い間継続できるのか?
どうやってMAYが英語の勉強をたんたんと続けられたのか、書きだしてみました。

英語の勉強を継続するコツとは?

・できるだけ毎日に生活の中に
勉強の時間を30分でもいいので入れる(歯磨きのように習慣にする)

・自分の英会話レベルにあった勉強をする

・飽きないように勉強法をいろいろと取り入れる
(今日は洋画でリスニング、明日はスピーキングというように)

・人を巻き込む
英会話スクールに通って友達を作る、友達と一緒に勉強するなど
・詰め込むだけでは上達はしないし、感じられないので英語は必ず使う。
英語は詰め込むだけでは絶対話せるようになりません。
それはたとえ、英会話スクールに行って留学しても、どんどん話さなければなかなか上達しません。
どんどん発言する、使ってどんどん間違って、相手に英語を直してもらう、それでどんどん英語は伸びていくのです。

 

英会話上達のためには勉強法はしぼりすぎない事

誰にも弱い英語の中で弱いところがあると思います。

発音が弱い人、リスニングが弱い人、表現力が足りない人、英単語力が少ない人。よく英会話を上達させるには、自分に必要な項目を勉強する方がいいと言われてますが、英単語力がないからといって英単語だけを覚える勉強法はおすすめできません。
1つのことだけを淡々と勉強していると、必ずマンネリ化してきて、「本当にこの勉強法でいいのだろうか?」と疑問に思い始めます。
英語の勉強=英語を話せるようになるために

↓ ↓

英語の勉強=苦痛

になってしまします。
勉強を続けたいのなら、1つのことだけに集中しすぎないこと。
例えば、発音が弱いのなら発音を勉強しながらも、洋画を見るなどして楽しんで英会話を勉強する事を忘れないようにしましょう。

英会話の勉強法で不可欠な2つの要素

いろいろ勉強法を試して見たけど、なかなか英語が話せるようにならない。もう5年も英語勉強してるけど、英語が上達しない、
こんな声をよく聞きます。
英語を話せるようになるにはバランス良く勉強する事が
とても大切で、中でもこの2つは必ず行わないといけません。


英会話の勉強法に不可欠な要素

1.インプット

2.アウトプット

この2つだけです。

でも日本人は英会話表現を暗記したり、文法をマスターしたり
インプットは得意なのに肝心のアウトプットが苦手
なんですよね。

覚えても忘れてしまうのは、このアウトプットができてないからなんです。
英会話教室や、留学、英会話サークルなどがあります。
最近ではオンラインで安くて英会話できるオンライン英会話もあります。

勉強しても英語上達しないよ、と言う人は、アウトプットを確実にするようにしてください。

どんな状況で、どんな英語を話すのかわかるようになり、記憶に残りやすくなりますよ!

英語耳ができてる人は知らない単語も聞き取れる

「知らない英単語が聞き取れない]

英会話を勉強している人は、誰でも一度はぶち当たる悩みなんです。
それでボキャブラリーを増やそうと、一生懸命勉強する。でも、それではボキャブラリーは増えない。実は英語が聞き取れない人は、

知っている単語も聞き取れない

ということもあるのです。

日本語で考えてみましょう。
日本語で知らない単語を聞いたら、よっぽどややこしい単語でない限り聞き取れますよね?

英語も同じです。

知らない単語も英語耳が出来ていれば聞こえるので、

その単語を繰り返して「●●ってどういう意味?」と聞いたり、辞書で調べたりすることもできるので英会話は短期間で上達するのです!

英語を話せるようになりたいのなら、聞き取りの勉強は必修ですよ!

英語はどれだけ覚えたら話せるようになるのか?

英語を話せるようになるためには
気が遠くなるような量の文章を覚えないといけないと
思っていませんか?

昔MAYは英語を学んでいた時に
ネイティブの方に「英語は完璧になろうと思うな。絶対になれないから。」といわれて、すごくショックを受けたのを覚えています。

その当時は、私をバカにしていると思ってたのですが、後からその意味がよくわかりました。ペラペラになれたとしても、知らない単語や言い回しは後からどんどん出てくるからです。

実際のところ、MAYは
今でも知らない英語の単語もたくさんありますが
英語は話せるようになりました。

日本人でも知らない単語や言い回しがあるように
英語をすべて知っている人なんていません。

日本は難しい単語や表現を使ったりすると
「この人は頭いいな」と思ったりしますが
英語ではわざわざ難しい単語を使ったりすることはないのです。

無駄に何文も覚えるよりも、実は基礎文だけで十分英語は話せるのです。その基礎文をつなげたり前置詞を変えたりするだけで、意味の違う文章を作ったりできるのです。そして後は会話を繰り返すうちに、自然に新しい英語を覚えるようになります。だからそれ以上勉強する必要は全くないのです!
もし早く英語が上達したい!話せるようになりたいのであれば
英語の基礎文章を学ぶことから始めましょう。
それだけであなたの英語は見違えるほど上達しますよ!